人生を豊かにする智慧⑨善良な戦いを良しとする

バガヴァッド・ギーターはマハーバーラタの物語の一部であり、マハーバーラタは親族間の戦いの物語です。

バガヴァッド・ギーターの主人公アルジュナはパーンダヴァ軍の王子であり、インドラ神を父に持ち、最も武芸に秀でていました。

戦争がまさに始まろうとした瞬間、敵方にかつての自分の師や親族の姿を見たアルジュナは、この上ない悲哀を感じて沈み込みます。

クリシュナ(神の化身)はそんなアルジュナに言葉をかけ励まします。
「アルジュナよ。めめしさに陥ってはならぬ。それはあなたにはふさわしくない。卑小なる心の弱さを捨てて立ち上がれ。」(3)

それに対しアルジュナは次のように問いかけます。
「クリシュナよ。戦いにおいて、尊敬に値する師にどうして矢で立ち向かえよう。(4)
我々が勝つべきか、彼らが我々に勝つべきか、どちらがよいのかわからない。(6)
私にきっぱりと告げてくれ。そして私を教え導いてくれ(7)」

バガヴァット(神)は告げました。

「あなたは嘆くべきではない人について嘆く。
賢者は死者についても生者についても嘆かぬものだ。(11)
私は決して存在しなかったことはない。
あなたもここにいる王たちも。(12)

主体はこの身体において、少年期、青年期、老年期を経る。
そしてまた、他の身体を経る。
賢者はここにおいて迷うことはない。(13)

この全世界をあまねく満たすものを不滅であると知れ。この不滅のものを滅ぼすことは誰もできない。(17)
常住で滅びることなく、測りがたい主体に属する身体は、有限であると言われる。
それ故、戦え。アルジュナ。(18)

もしあなたが、この義務に基づく戦いを行わなければ、自己の義務と名誉とを捨て、罪悪を得るだろう。(33)

あなたは殺されれば天界を得、勝利すれば地上を享受するであろう。
それ故、アルジュナ、立ち上がれ。戦う決意をして。(37)
苦楽、得失、勝敗を平等のものと見て、戦いに専心せよ。
そうすれば罪悪を得ることはない。(38)

人は行為を企てずして、行為の超越に達することはない。
また単なる放擲(ほうてき)のみによって、成就に達することはない。(4)

実に一瞬でも行為をしないでいる人は誰もいない。(5)

あなたは定められた行為をなせ。
行為は無為よりも優れているから。(8)

執着することなく、常に、なすべき行為を遂行せよ。実に、執着なしに行為を行えば、人は最高の存在に達する。(19)

愚者が行為に執着して行為するように、賢者は執着することなく、世界の維持のみを求めて行為すべきである。(25)」

このように数々のヴェーダの智慧が、クリシュナの口を通して語られます。

そして、クリシュナは次のように語ります。

「善を護(まも)るため、悪を滅ぼすため、正義を確立するため、私は時代から時代へ出現する。」

参考文献
・バガヴァッド・ギーター / 上村勝彦 / 岩波文庫
・インドの聖典 ムニンドラ・パンダ/(有)アートインターナショナル
・インド思想入門 ヴェーダとウパニシャッド/ 前田専學/春秋社

最新情報をチェックしよう!
>無料メルマガー林 尚慶の『開運の羅針盤』

無料メルマガー林 尚慶の『開運の羅針盤』

「こんにちは。林尚慶です。 能力者として除霊や開運、企業様の事業相談を承っています。 仕事を始めて35年、霊障や不運に苦しむ方を開運へと導いてきました。 そこで蓄積したノウハウを使用し、読むだけで開運につながる情報を発信します。 何気ない選択で、未来は大きく変わります。 より良い情報を得ることで、正確な選択ができるようになります。 メルマガ「開運の羅針盤」がそのお手伝いができたら幸いです。 神仏が発している本当の情報をあなたにお届けします。 さらに今後はメルマガ読者限定の交流会を開催したり、メルマガ読者の皆様にいち早くお得な情報をお届けする予定です

CTR IMG