CATEGORY

開運

  • 2018年12月10日
  • 2019年9月6日

江戸時代の究極の開運方法 ①

江戸>≪食は命なり≫ 江戸時代、観相家として皇室の庇護を受け、200名ほどの弟子を抱えた水野南北先生。食養に興味がある方は一度は聞いたことがある名前でしょう。 水野南北先生は、食事を節制することによって自分の運命を切り拓き、晩年大成功をおさめました。 この水野先生の「食は命なり運命なり」と断言したその教えを知ることで、食と運命にどれほど深い関係があるかがよくわかり、また今後の人生の貴重な指標の一つ […]

  • 2018年9月24日
  • 2018年11月28日

オーブは神様からのメッセージ

オーブの光はこう読む 21歳でオーブが見えてから良いことばかりが起き始めた オーブについて、世間では色々な見解があります。 私は精神世界の研究に35年以上を費やしてきました。19才の頃は神保町の書店街に頻繁に通い、大正、昭和の古い文献を買いあさり、ヒントがないかいつも探求していました。当時の神保町では、今となっては大変貴重な数々の本を手に入れることができました。その中から価値ある情報を吸い上げて、 […]

  • 2018年9月21日
  • 2018年11月27日

天才脳の作り方

生活の中のノイズによって急激に進化を遂げた人の脳 日本人の脳を読み取った場合、僕から見ると常に進化し続けています。江戸時代と比べてもそうだし、戦前と比べても現代人の脳はかなりの進化を遂げているのです。 それは音の影響によるものが大きいです。現代は昔に比べ、日常に生活音があふれています。とういうことは、そういった情報を処理するスピードを、脳が求められているということ。 そうなると、科学の面にも影響が […]

  • 2018年9月18日
  • 2019年9月6日

不幸を呼ぶ漢字パート2

名前に使わない方が良い漢字~ パート2 中国で生まれた漢字は、神への祈りや神とのコミュニケーションに使われていたもの、自然を表現したもの、人の行動を表現したものがあります。 昔は真の名はみだりに人に告げないものでした。名を知られることは支配されることを意味し、自分のすべてを相手にさらけだす危険を伴いました。命名は人生に大きく影響する儀式でした。 名前には使わない方が良い漢字を使うと、漢字がその人の […]

  • 2018年9月17日
  • 2019年9月6日

不幸を呼ぶ漢字パート1

~名前に使わない方が良い漢字~ 中国で生まれた漢字には、神への祈りや神とのコミュニケーションに使われていたもの、自然を表現したもの、人の行動を表現したものがあります。 昔はほんとうの名はみだりに人に告げないものでした。名を知られることは支配されることを意味し、自分のすべてを相手にさらけだす危険を伴いました。命名は人生に大きく影響する儀式でした。 名前に使わない方が良い漢字を使うと、漢字がその人の人 […]

  • 2018年9月14日
  • 2018年11月29日

食事が運を作る

食が運に及ぼす影響 自分自身で実験して分かったのは、人間の想念や運は食と密接に関係しているということです。食は病気とも関係しています。多くの場合は、体を壊すのは、ストレスや過労ではなく、添加物の多い物や不健康な物を食べるからです。 小食にして、生命力あふれる食物を摂取して、普段から下半身を温めて、軽い運動をしていれば、心身の問題はほとんどなくなります。なぜなら、このような生活習慣は、不幸な感覚やお […]