人生を豊かにする智慧⑧人類の至宝の書 「バガヴァッド・ギーター」

神ご自身が説いた教え・バガヴァッド・ギーター

マハーバーラタ第六巻の一部に納められており、ヴェーダの精髄とも云われるのが、「バガヴァッド・ギーター」です。
バガヴァン(神)のギーター(詩)であることから、神の詩とも訳されます。

地球上のすべての聖典を凝縮した人類の至宝の書とも言われ、生まれた意味や、地上でどのように生きるべきかの指針が示されている書物です。

「インドの思想」(著・ムニンドラ・パンダ/(有)アートインターナショナル)より、一部抜粋します。

「バガバッド・ギーターは、バガヴァーン(主、神)ご自身が説いた教えであり、主題もまたバガヴァーンに関するものです。

全世界をあまねく統治する最高君主、そして万能の権力、あるいは比類なき力、計り知れない富、完全無欠の無執着、偽りなき名声、純粋なる知識、これらの六つの財産が「バガ」と呼ばれます。」

「バガヴァッド・ギーターをよく学ぶ者は、他の様々な聖典を学ぶ余裕がなくてもかまわない。
なぜならこのギーターは、神ご自身の口から現れたものであり、ギーターを読むだけで、至高の境地へ到達できるからです。
バガヴァッド・ギーターを勉強すれば、一切の聖典を学ぶのと同程度の、必要とされるすべての知識を得ることが出来るというわけです。」

皆さんもご存知のエドガー・ケイシー氏は、「地上に存在するあらゆる書物の中で、普遍的真理に最も近いものは?」
と問われ、敬虔なキリスト教徒であるケイシーが「聖書」と答えると予想される中、「バガヴァッド・ギーターである。」と答えました。

インド独立の父、マハトマ・ガンディーはバガヴァッド・ギーターを「スピリチュアル・ディクショナリー」とたとえました。

インドで悟りを開いた聖者たちもこの「バガヴァッド・ギーター」を神の叡智として絶賛しています。

バガヴァッド・ギーターは、神であるクリシュナと、戦士アルジュナとの間で行われる問答形式で説かれています。
戦場において戦いが始まる直前に、アルジュナ(清らかな心を携えた魂という意味)が、クリシュナに数々の質問をします。

戦士アルジュナと師クリシュナ。
この二人の間で交わされる数々の議論こそが、バガヴァッド・ギーターを有名にしました。

参考文献
・インド思想入門 ヴェーダとウパニシャッド/前田専學/春秋社
・インドの聖典(著・ムニンドラ・パンダ/(有)アートインターナショナル)

最新情報をチェックしよう!
>無料メルマガー林 尚慶の『開運の羅針盤』

無料メルマガー林 尚慶の『開運の羅針盤』

「こんにちは。林尚慶です。 能力者として除霊や開運、企業様の事業相談を承っています。 仕事を始めて35年、霊障や不運に苦しむ方を開運へと導いてきました。 そこで蓄積したノウハウを使用し、読むだけで開運につながる情報を発信します。 何気ない選択で、未来は大きく変わります。 より良い情報を得ることで、正確な選択ができるようになります。 メルマガ「開運の羅針盤」がそのお手伝いができたら幸いです。 神仏が発している本当の情報をあなたにお届けします。 さらに今後はメルマガ読者限定の交流会を開催したり、メルマガ読者の皆様にいち早くお得な情報をお届けする予定です

CTR IMG