地球を救う宮脇式自然植生

災害に強い国土をつくるために最も大切なこと

 

地球の人口は21世紀中に100億人に達すると言われています。

その人間に酸素を供給する植物に、今危機が訪れています。

 

国際自然保護連合(IUCN)の発表によると、世界の植物の5分の1以上が絶滅の危機に瀕しており、それによる地球環境への悪影響が懸念されているということです。

植物の危機の81%は人間の活動によるものです。

農業や畜産業などによって植物の生息地が侵食されたことが原因です。

 

英国王室植物園のステファン・ホッパー(Stephen Hopper)館長は、「植物はきれいな空気と食物、燃料となる資源を人々に提供する役割を果たしている。人類と動物にとって植物は大切な存在であり、植物の絶滅を傍観することはできない」と語りました。

 

そんな状況の中、日本から生まれたある方法が注目されています。

それは植物学者である宮脇昭氏の研究から生まれたものでした。

宮脇氏は次のように語りました。

「日本は自然豊かな美しい国です。

同時に大地震、大火事、大津波、台風、洪水など自然災害も極めて多い。

大事なこと、今すぐやらなければならないことは、一億二千万余の国民のいのちと国土を守るために、危機をチャンスとして、次の氷河期が来ると予測される9千年先までもつ、いのちを守る森をつくることであると確信しています。」

 

宮脇氏は、あらゆる自然災害に耐える本物の森、21世紀の鎮守の森とつくることが重要だと話します。

鎮守の森―ふるさとの森は、高木層、亜高木層、低木層、草本草からなる多層群落の森で、森の表面積は単層群落の芝生などの30倍あるのだそうです。

宮脇氏は、このエコロジカルな方法で森をつくりました。

「樹種の選択こそが大事です。単植林だと災害防止の機能が弱くなり、それを支える常緑広葉樹、亜高木、低木などできるだけ多くの種郡を選ぶことで災害にも強い森が生まれます。」

そんな宮脇式の植生方法が世界から注目され、ヨーロッパ各地で次々と新しい森を生み出しています。

「The Guardian」に宮脇式植生の記事が掲載されていましたので、転載します。

 

ヨーロッパでは気候危機を助けるために、急成長を遂げる”ミニフォレスト”が次々と誕生しています。

宮脇の森は密度が高く、他の種類の森よりも生物多様性が高いと言われています。

フランス、パリ近郊。宮脇式森林がつくられている様子。 Photograph: Courtesy of Boomforest

生物多様性の回復と気候危機との闘いを目的とした運動の一環として、ヨーロッパのあちこちに小さな密集した森が生まれています。

多くの場合、校庭や道路沿いにある森林は、テニスコートと同じくらい小さい場合があります。

それらは、日本、マレーシアなどに1,000以上のそのような森林を植えた日本の植物学者宮脇明の仕事に基づいています。

この方法の支持者(宮脇氏)は、ミニチュアフォレストは、従来の方法で植えたものよりも10倍速く成長し、30倍の密度と100倍の生物多様性になると言います

この結果は、地域の条件に適応した在来品種を使用して、苗木を1平方メートルあたり3つ近くに植えることによって達成されます。

自然林の層を再現するために、さまざまな種(理想的には30以上)が植えられています。

 

科学者は、そのような生態系が気候目標を達成するための鍵であり、自然林は単一種のプランテーションの40倍の炭素を貯蔵できると推定していると言います。

宮脇氏の森林は、森林が自然に回復するのに70年以上かかるよりもはるかに短い時間で土地を再生するように設計されています。

 

「これはすごいことです。」

壊滅的な気候変動を避けるために自然保護のために地球の表面の半分を保護または管理することを求める最近の論文を共同執筆した野生生物科学者のエリックダイナースタインは言いました。

ミニフォレストは渡り鳥の鳴き声を引き寄せる可能性があるとダイナースタイン氏は語りました。

「森の小さなポケットでさえ、在来種を植えれば、空腹の鳥にとって栄養価の高いファーストフードフライインサイトになる可能性があります。」

 

2017年、オランダのワーゲニンゲン大学の研究者たちは新しく植えられたミニフォレストを監視し、

「近くの森林と比較して生物多様性を増加させる」と結論付けました。

種群の数と個体の数はどちらも、通常、参照森林よりも多いです。

 

生物多様性が高いのは、森林の若い年齢と開放性に一部起因していると、Wageningenの研究を主導した動物生態学者であるFabrice Ottburgは説明しました。

これにより、より多くの日光が花粉媒介者を引き付ける顕花植物に到達できます。

「昆虫、カタツムリ、蝶、両生類、虫、バッタのようなより多様な動物のために食物と避難所のより多くの多様性を提供する」複数の種を植えることによって、多様性も高められます、とOttburgは言いました。

 

オランダでは、保護団体IVN Nature Educationが2015年以来、都市や家庭で100の宮脇式の森を植えるのを手伝っています。2022年までにその数は2倍以上になる見込みで、他の国々でも同様の取り組みに取り組んでいます。ベルギーとフランスのさまざまなグループが最近、少なくとも40のミニフォレストを作成しました。

フランスで最初のものは、2018年3月にパリの端にあるにぎやかな4車線道路のそばに植えられました。密集した茂みは、ノイズを減らし、隣接する地域の空気をろ過することを目的としています。植栽当日は、地元の馬小屋からの堆肥で作った新しい命をもたらすために、31種の苗木とともに40人が集まりました。

 

2年前、エンリコフストとダミアンサラチェーニは、パリの参加型予算からの資金提供を申請していました。

これは、市内の資金の5%をどのように使うかについて住民に尋ねるスキームです。

二人はミニフォレストを提案し、それらが市内の樹木の被覆レベルを高めるのに役立つ可能性があると述べ、現在10%未満であり、他の多くの主要都市よりもはるかに低い。

「各コミュニティは、独自の修復ストーリーの主人公になることができます。」とフスト氏は語った。

 

トゥールーズでは、ミニフォレストグループが3月に400平方メートルのパッチに1,200本の苗木を植えました。

 

ベルギーの博物学者でアーバンフォレストの創設者であるニコラデブラバンデールは、2016年に宮脇式の森林を植え始め、道路の近くの芝生に300本の苗木を植えるボランティアと地方自治体を組織しました。

現在、彼の最初の森の高さは3メートルで、床は腐植の厚い層です。

 

DeBrabandèreは、参加者の性質とミニフォレストの速度が人々にアピールするものであると信じており、彼はこの運動の明るい未来を予測しています。

「私が話をするたびに、誰もがそれを好きになります。」と彼は言った。「そのため、この傾向が続くと感じています。」

 

あなたは必ず開運するー林 尚慶の『最強の幸運体質になる方法
最新情報をチェックしよう!

サイエンスの最新記事8件

>あなたは必ず開運するー林 尚慶の『最強の幸運体質になる方法

あなたは必ず開運するー林 尚慶の『最強の幸運体質になる方法

「まぐまぐ」様よりご提案を頂きまして、メルマガを始めることになりました。こちらのメルマガは、読むだけで開運するというお得な情報が盛り沢山です。ラジオニクスロケーションとして、今月のあなたの吉方位のご案内や、あなたを開運へと導く最強の護符をお届けします。このメルマガの情報に触れて行動することで、あなたは幸運体質になります。また、今後メルマガ読者限定の様々なワークショップを開催する予定です‼ 初月は無料でご覧いただけますので、ぜひお気軽にご登録ください。

CTR IMG