Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

宇宙連合の隊員になる

UFO
宇宙連合からのヘッドハンティング

いつも思うのですが宇宙連合に興味ある方が大変多いです。スタートレックやスターウォーズの世界にあこがれるからでしょうか。
そして私自身、宇宙連合を否定する気はありません。なぜなら、宇宙連合のことにとても詳しいからです。
このことを話し出すと長くなるので、まずは私の身に起きたことについてお話しましょう。

眠っている間に見る夢は、普通は目が覚めた時に終わるものです
ある時、宇宙船の中にいる夢を見ました。それは、宇宙連合のメンバーになるにあたっての「見学会」で、「ここが○○の施設ですよ、あちらは○○の施設です」と説明を受けているシーンでした。それを聞いているのは、私を含め、様々な星からやってきた存在たちでした。
「変な夢を見たな」と思って起きてトイレに行き、再び眠りに落ちました。するとさっきまで見ていた夢の続きがスタートしました。まるで、眠りに落ちるのを待っていたかのように。

知らないうちにメンバーに決定

その選考会では、「自分で志願してやって来ました」という人は一人もいませんでした。自分の意志とは関係なく、宇宙連合の担当者によってヘッドハンティングされて、一気に集められていたからです。
もちろん、私も知らないうちに宇宙連合のメンバーに属していました。どうやら、特殊な能力を持っている人たちが、前世から持ち越した適正も考慮されて集められていたのです。
それが自分の身に起きたのが23歳の時。それ以来、壮大なストーリーが延々と続くことになるとは、当時は思ってもいなかったのでした。
宇宙関係の映画は本物だと思います。宇宙船内を訪れた瞬間、「スターウォーズの世界と似ている!ハリウッド映画というのは、このことを監督たちがインスピレーションで知って、それを再現したものだったのだ!」と思いました。
スティーブン・スピルバーグやジョージ・ルーカスの映画の宇宙船内は実物そのものと言っていいくらいで、本当にあのままでした。それくらいリアリティがあります。

星々から兵士として終結

私が知る宇宙連合は、完全なるピラミッド型の階級制度でした。
階級制のためトップの司令官が誰かは、上のレベルに行かないと分かりません。ほとんどの者が上の階級にはいけないため、会えないという図式です。
すぐに簡単に会えたら、その相手は本物ではないとも言えます。しかも、上の人たちは、選挙によって代わるシステムでした。
ここで質問です。司令官は誰でしょう(笑)。
そのシステムの中には、シリウス星なども含め、宇宙から様々な存在が「兵士」として集まって来ていました。
彼ら宇宙人は地球人の姿かたちはしてないけれども、彼らから見れば私たちも同じです。宇宙人は確かに高度に発達している存在ですが、地球人も高度な技術を持っている者たちが選ばれてその世界に入っていました。だから地球人だからと言って、船内で特別視されたりはしませんでした。

宇宙的なミッションに参加

見学会が終わった後は、「実技試験」が待っていました。
その試験によって、宇宙連合としてのミッションの一部をこなしていくという仕組みでした。
宇宙連合でも軍と同じように、班長になったら実技試験によってその上の隊長や少佐へと階級が上がっていきます。そういう意味では宇宙連合というのは自衛隊とか米軍のシステムとまったく同じでした。
実技試験では、定期的に「ある星に行きなさい」というような指令が与えられました。そうなると、強制的にターゲットとなるメンバーが集められて、その都度、円盤に引っ張り上げられます。
乗り込む宇宙船の規模は、「班」によって異なっていて、太陽系規模の班もあれば、もっと小規模な班もたくさんあり、私が乗ったのは小型の宇宙船でした。
上層部がいる大きな母船には指令室があり、そこから小型の宇宙船に乗っている私たちに指示が入って来ます。その指令内容をうまくこなしたものは、段々と階級が上がります。

イヤそうな地球人メンバーたち

船内ではユニホームを着なくてはならないので、誰でも兵士の格好をしていました。
顔を合わせるのは、毎回同じ人。言語というよりはテレパシーみたいな感じで互いに意思疎通していました。
地球人のメンバーは18人。アジア人は少なくて、私を含めて2人しかいませんでした。その他にもアフリカ系アメリカ人が1人。女性も少数ながらいて、以上のメンバーが交代制で勤務するようになっていました。
ちなみに、私はアジア地区代表になっていたのですが、それほどいいものではありませんでした。
他の星から来た宇宙人たちと違って、地球人は全員イヤそうなそうでした。
「また来てしまった…また仕事か。イヤだなぁ…」と、みんな愚痴を言っていました。本人の意志に関係なく連れてこられるのですから本音はそうでしょう。
宇宙連合は軍隊みたいなものなので、うれしそうにしている者は誰もいませんでした。今回のミッションで何をするのか、どうやってその問題を解決するのかに集中しているから、船内では皆、淡々としています。

時空間に介入して歴史を修正

面白いと思ったのは、仕掛けの付いた小道具のようなものがたくさんあり、それが皆に支給されることです。
「こういう時にはこれを使ってください」と説明を受けて、潜入捜査のようなことをするのです。潜入と言っても、ネガティブな意味合いのものではなく、あくまで宇宙の各惑星を調和させるための仕事でした。
その星の環境やエネルギー、それまでの歴史やそこに暮らす存在など、問題となる様々なターゲットに対し、それらを改善しレスキューする目的で、いろいろな惑星に行かされるわけです。
それだけでなく、過去や未来を修正するために、別の次元にも行かなくてはなりません。そして行った先々でぴったりのツールを使う、という具合でした。
宇宙連合では、未来を良くするために、様々なことを行っているのです。直接3次元に介入しないのですが、歴史を少しずつ修正しています。
少しずつ修正すると言っても、失敗は許されないのでホントにキツイのです。

何か月も続く疲労困憊生活

実のところ、宇宙船に行くのはうれしくはありませんでした。
なぜなら地上とまったく同じような働き方をしていたので、正直とても疲れました。普段3次元の世界でも働いているのに、夜は宇宙船内で働いて、翌朝から再び3次元の世界で働かなくてはなりません。
朝から動けないくらいヘトヘトになり、休みの日などは疲れ果てて動けなくなります。そんな生活が何か月も続くのです。
休暇を与えられる以外は、大体、一年間毎日宇宙船の中に連れて行かれました。
宇宙連合のメンバーとして、ひとつの大きなミッションに1年間就くと、半年間の休暇を与えられます。
すると、次の段階のミッションが待っています。「今度は、地球上の様々な歴史に関与していく」というテーマに切り替わるというふうに。
ですが下積みとしてこの仕事に1年間従事していたおかげで、陰陽道をはじめとする様々な術が身についたのです。この経験によって、独自の術が完成したといってもいいほど鍛えられました。
私は20年間少佐でした。実はこの物語は今も続いていて、現在は休暇中です。だからまた行くのです。このことは、生きている間は続くのでしょうね。
これはあくまでも夢の話なので、恥ずかしくてあまりお話ししたくなかったのですけどね。

最新情報をチェックしよう!

UFOの最新記事8件

>最強の護符「ラジオニクスアート」

最強の護符「ラジオニクスアート」

一年間の無病息災、進学、就職、恋愛、金運アップまで・・・日本人だったら、誰しも一度は神社にお参りに行ったことがあるでしょう。しかし、最近ではそれから一歩踏み込んで、神社の持つ不思議な力を積極的に感じ、取り入れ、自らの活力へと変える「パワースポット巡り」をする人が女性を中心に大流行。ご利益のある神社は連日どこも大盛況です。現在は、世界情勢の不安定さや毎年のように襲う天災によって不安はますます増大し、人々の求めるものが物から心へと変わりつつあります。癒しと浄化を生み出す「神界」の力を生活の中で生かすために開発されたのが、ラジオニクスアートです。

CTR IMG