Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  • 2018年11月6日
  • 2018年11月27日

あなたは塩依存症になっている

≪日本人は塩分過多≫ 日本人は塩分摂取量が多いと言われています。 醤油や味噌などの塩分濃度の高い調味料を使用し、漬物やしょっぱい味付けの料理が甘いお米とよく合うため、塩分摂取量は必然的に多くなります。 日本人の食塩摂取量の平均値は、1日あたり男性 11.0g、女性 9.2gであり、目標値は、高血圧予防の観点から1日当たり男性で8g 未満、女性で7g 未満とされています。 欧米で行われた大規模臨床試 […]

  • 2018年10月29日
  • 2018年11月28日

隠された真実は食にあり

乳製品と骨粗しょう症の関係 長い間、牛乳は骨に良いと考えられていました。自然食品にもカルシウムは含まれていますが、乳製品の方が多いとされてきたのでした。 子供や高齢女性は牛乳をもっと飲むようにと言われ続けてきました。 骨粗しょう症はカルシウム欠乏による変性骨疾患です。 牛乳が骨に良いことが真実であるなら、乳製品を摂取する欧米の骨粗しょう症は少ないはずです。 しかしハーバード大学の研究で、カルシウム […]

  • 2018年10月26日
  • 2018年11月28日

死の淵からの生還。奇跡は必ず起きる。

心臓病は、日本人の三大主要死因の一つです。(あと二つはガンと脳卒中です)食事の欧米化に伴い、若い人の肉の摂取量が増加しています。その影響が「死の四重奏」のひとつ、肥満に繋がっています。 日本人の心筋梗塞発症率は、1979年、10万人のうち7.4人だったのが、30年の間に急増し、2008年は27.0人と、約4倍になりました。(公益財団法人 日本心臓財団調べ) ≪外科医として大成功をおさめたエセルステ […]

  • 2018年10月23日
  • 2018年11月28日

食事と病気の関係を暴く、史上最大の調査

現在、日本はガン大国と言われています。また日本人の死因は、2人に1人がガンと言われていて、これは先進国の中でも非常に多い数字です。2人に1人という数字を見ると、ガンは他人ごとでは片づけられない病気です。 ≪ガンをコントロールする動物性タンパク質≫ キャンベル医師はコーネル大学で引き続き調査を続けていました。 『初めからやるべきことは2つだったのです。一つ目は大変刺激を受けたインドの実験の再現です。 […]

  • 2018年10月20日
  • 2018年11月29日

龍神信仰の御利益とご加護

龍神と五大元素の関係 この世は五大元素の虚空(エーテル)、水、空、火、土から出来ています。龍神は五大元素システムをコントロールして自然を守り創造しています。人は龍神とつながることで人の力を超越した力を得ることが出来ます。 金龍、銀龍(金と銀の龍は五大元素では一つの虚空とする) 1銀龍、金龍の御利益 銀龍は金運を循環させて金龍は金運を作ります。銀と金の龍はお互いに補完しあってお金には困らない金運を作 […]

  • 2018年10月20日
  • 2018年11月29日

動物性タンパク質が病気を作る

≪心臓病と動物性コレステロールの関係≫ ドキュメンタリー映画【フォークスオーバーナイブス】の物語のもう一人の主人公であるエセルスティン医師は1934年生まれで、キャンベル博士と同じく農場で育ちました。イェール大学を卒業したエセルスティン医師は、オハイオ州クリーブランドにある手術専門の病院の外科医となりました。 1960年代、”冠状動脈不全”などの心疾患が大変増えていました。 “冠状動脈不全”とは、 […]

>最強の護符「ラジオニクスアート」

最強の護符「ラジオニクスアート」

一年間の無病息災、進学、就職、恋愛、金運アップまで・・・日本人だったら、誰しも一度は神社にお参りに行ったことがあるでしょう。しかし、最近ではそれから一歩踏み込んで、神社の持つ不思議な力を積極的に感じ、取り入れ、自らの活力へと変える「パワースポット巡り」をする人が女性を中心に大流行。ご利益のある神社は連日どこも大盛況です。現在は、世界情勢の不安定さや毎年のように襲う天災によって不安はますます増大し、人々の求めるものが物から心へと変わりつつあります。癒しと浄化を生み出す「神界」の力を生活の中で生かすために開発されたのが、ラジオニクスアートです。

CTR IMG