Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
MONTH

2018年12月

  • 2018年12月25日
  • 2019年9月6日

江戸時代の究極の開運方法 ④ 

水野南北先生は一貫して食を慎むことの大切さを説いています。 「心身を養う基本は食にほかありません。これを実践しないときは、心身も不健康になります。心身が不健康であれば、立身出世もできないでしょう。そういうわけで、食をすべての基本とします。」 ≪一飯一菜を常食にせよ。≫ 「貴人(高貴な人)に食なく、小人(器が小さい人)に食ありという。つまり貴人は常に節度ある食事をしており、むやみと食べないが、小人は […]

  • 2018年12月21日
  • 2019年9月6日

江戸時代の究極の開運方法 ③

≪人の貴さ、賤しさをつくりあげる食≫ 人の貴さや賤しさ、これはすべて食から始まると水野南北先生は述べています。 “人の貴くなること、また賤しくなることは、みな飲食の慎しみにあるべし。 それ、名僧智識といえども、これ何がゆえに貴き、みな、慎しみ深くして食を減じ、ほしいままに食わず、故に自から貴し。 また、博学の沙門といえども、慎しみ悪くして食充分に喰わば、自からさげしむ心あるといえども、これを尊むの […]

  • 2018年12月15日
  • 2019年9月6日

江戸時代の究極の開運方法 ②

≪食事量の違いで将来を見極める≫ 水野南北先生は、徹底的な観察によって、食事が人に及ぼす影響を見極めました。観相学家として当時知らない人はいないくらいに有名で大成していたにも関わらず「運は食なり」と運に対する食の重要性を断言したのです。 “食の多少を以て富貴貧賤寿夭窮楽行末の吉凶を知る事を弁ず” 「食事量が多いか少ないかを見定めることで、その人の苦楽、品格、財物、寿命、そして将来の吉凶を知る法を伝 […]

  • 2018年12月10日
  • 2019年9月6日

江戸時代の究極の開運方法 ①

江戸>≪食は命なり≫ 江戸時代、観相家として皇室の庇護を受け、200名ほどの弟子を抱えた水野南北先生。食養に興味がある方は一度は聞いたことがある名前でしょう。 水野南北先生は、食事を節制することによって自分の運命を切り拓き、晩年大成功をおさめました。 この水野先生の「食は命なり運命なり」と断言したその教えを知ることで、食と運命にどれほど深い関係があるかがよくわかり、また今後の人生の貴重な指標の一つ […]

>あなたは必ず開運するー林 尚慶の『最強の幸運体質になる方法

あなたは必ず開運するー林 尚慶の『最強の幸運体質になる方法

「まぐまぐ」様よりご提案を頂きまして、メルマガを始めることになりました。こちらのメルマガは、読むだけで開運するというお得な情報が盛り沢山です。ラジオニクスロケーションとして、今月のあなたの吉方位のご案内や、あなたを開運へと導く最強の護符をお届けします。このメルマガの情報に触れて行動することで、あなたは幸運体質になります。また、今後メルマガ読者限定の様々なワークショップを開催する予定です‼ 初月は無料でご覧いただけますので、ぜひお気軽にご登録ください。

CTR IMG