苦しみから逃れる方法②四諦・八正道

因果

 

お釈迦様が説いた「一切の苦しみから逃れる方法」をご紹介する前に、その基盤となる考え方について説明します。

それは因果、カルマの法則と呼ばれるものです。

 

善い行いをした結果、めぐりめぐって「楽」がやってきて、

非道徳的な行いをした結果、めぐりめぐって「苦」の報いがやってきます。

 

苦しみから逃れるためには、その原因をつくらなければ良いとお釈迦さまは説きます。

「善い(正しい)ことを行い、悪しき事を行わず、己の心を浄めましょう」と。

 

 

一切の苦しみから解脱できる「四諦・八正道」

 

四諦(したい)とは、苦諦、集諦、滅諦、道諦の四つの真理です。

 

苦諦(くたい)/生きることは苦であるという真理。

集諦(じったい)/苦の原因は自らの欲望、執着心であるという真理。

滅諦(めったい)/欲望、執着心を滅して解放されれば、悟りの境地に達することができるという真理。

道諦(どうたい)/悟りの境地に至る方法が八正道であるという真理。

 

四諦・八正道は、まず、この四つの真理を理解することから始まります。

そして次の八正道(はっしょうどう)を実践すると、苦しみから解脱できるという教えです。

 

八正道は智慧の道であり、理想の境地に至るための正しい道となります。

 

正見(しょうけん)、正思惟(しょうしゆい)、正語(しょうご)、正業(しょうぎょう)、正命(しょうみょう)、正精進(しょうしょうじん)、正定(しょうじょう)。

 

 

正見とは、正しい見解。自己中心的な物の見方を手放し、偏見に捉われず、正しく物事を見ること。

 

正思惟とは、正しい思考。

正しく物事を見て、それに基づいて思考する。浮かんでくる思いを慈悲の心に沿ったものに整える。

 

正語とは、正しい言葉。

正しく物事を見て、言葉を発する。嘘や悪口を発さずに、慈悲の心に沿った思いやりの言葉を発する。

 

正業とは、正しい行い。

正しく物事を見て、行動する。慈悲の心に従った行動、あらゆる生命を傷つけない行動を取る。

 

正命とは、正しい生活。

正しく物事を見て、それに基づいて生活する。日々の生活を、慈悲にあふれた思い、言葉、行動で満たす。それが正しい生活であり、充実した人生につながる。

 

正精進とは、正しい努力。

これからは自己中心的な行動を行わず、慈悲に基づいた心で行動することを増やす。

 

正定とは、精神を統一して心を安定させること。

静かな平安の中に自分の意識を向ける。

 

この八つはつながっていて、

正見⇒正思惟⇒正語⇒正業⇒正命⇒正精進⇒正定という順番で進みます。

 

そして最終的に、正智慧が生じ、苦しみから逃れ解脱に達するのが、四諦・八正道。

 

四つの真理を理解し、八つの道を実践することで、一切の苦しみから解脱できると説かれたのです。

お釈迦さまは、「あらゆる道の中でこの八正道が最も優れている。幸せに至る道は、この八正道しかない」と断言しています。

最新情報をチェックしよう!

ライフの最新記事8件

>ワークショップ開催スケジュール

ワークショップ開催スケジュール

かねてよりワークショップ開催のご要望をいただいていたのですが、コロナの影響で延びに延び、やっと実現する運びと なりました。普段は除霊や開運調整を行っていますが、ワークショップでも簡易除霊を 行います。そして自己を癒すワーク、その後願望実現ワークを行います。 今は願いが叶う時代です。人々の意識が高まり。それが可能になりました。いくつになっても、夢は叶います。

CTR IMG