Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

死の淵からの生還。奇跡は必ず起きる。

心臓病は、日本人の三大主要死因の一つです。(あと二つはガンと脳卒中です)食事の欧米化に伴い、若い人の肉の摂取量が増加しています。その影響が「死の四重奏」のひとつ、肥満に繋がっています。

日本人の心筋梗塞発症率は、1979年、10万人のうち7.4人だったのが、30年の間に急増し、2008年は27.0人と、約4倍になりました。(公益財団法人 日本心臓財団調べ)

≪外科医として大成功をおさめたエセルスティン医師≫

エセルスティン医師は、イエール大学を卒業し、手術専門病院のクリーブランドクリニックで訓練を受けたあと、軍医としてベトナム戦争に参加し、青銅星章(戦場において、英雄的な行動、顕著な任務達成のあった者に与えられる勲章)を獲得しました。
その後、世界でトップクラスの医療機関であるクリーブランドクリニックで医師として大成功をおさめます。
職員の代表、理事会のメンバー、乳がん対策委員会会長、甲状腺・副甲状腺手術部長などを歴任し、100余りの科学論文を発表、1994年から1995年のアメリカの最も優れた医師の一人にも指名されました。

≪現代医療に関して疑問を抱くエセルスティン医師≫

仕事においても私生活においても大成功を収めましたが、人生を謙虚にとらえ、信念をもって真実を探求することをいとわなかったのでした。
エセルスティン医師は次のように話しています。
「心に巣くっていた気持ちが、私を悩まし始めていました。手術をしたあと、患者はどうしているのか、私は見守り続けてきました。結腸ガンの生存率はどれくらいだと思いますか?それほど多くはないんです。」
エセルスティン医師は親友が結腸ガンの手術中、ガンが腸全体に広がっているのを見たと言います。
また、自ら執刀してきた乳ガンの摘出手術や、乳腺切除など、すべての乳房の手術を振り返り、患者に回復の可能性を与えられないことがわかったとき、女性の容姿をただ傷つけているだけではないかと思えて、それがたまらなく嫌だったと言います。

こうした時期を経て、自分が扱っている病気に関する文献をひもとき、研究を始めました。
やがて、患者を頻繁に悩ませている病気の原因が、『肉や脂肪、高度に精製された食品が多い食事だった』ということに気づき、自分が働いている手術専門病院の院長に考えを伝えに行きました。
ところが、院長には『食事療法を用いて心臓病を改善し、それを証明した人間はこれまで誰もいない』と言われます。

≪患者に菜食の食事療法を取り入れる≫

しかし、エセルスティン医師は自分が正しいことに向かっていることを確信していたため、数年間、目立たないよう独自の療法に取り組みました。
食事療法を取り入れ、患者たちの食事を低カロリーの菜食にし、コレステロール薬は最低限にしました。
エセルスティン医師の患者に対する接し方は、本当に熱意あふれるものでした。親身になって関わり、協力的であり、私的な面での思いやりにあふれる厳しさも持ち合わせていました。
18名の患者たちはみな病状が深刻で、狭心症、バイパス手術に失敗した者、脳卒中など冠状動脈に関するトラブルに苦しんできた患者たちでした。そのうち5名は循環器医に1年もたないと言われていました。
一番の重篤患者は59歳の教師エブリン・オズウィックでした。
エブリン・オズウィック「甘いものはよく食べました。グレービーソースも好きで先生と知り合う前に、心筋梗塞を2回起こしました。2度目の時、医者に『死ぬ準備を』と言われました。『ただ腰かけてお迎えが来るのを待てということですか?』と尋ねると、『その通りです』と言われました。」

≪予想を上回る結果を得る≫

エセルスティン医師は患者に食事療法を行った結果、強力なデータを入手しました。
「患者は18人のうち、5年後の造影検査で11人の病気の進行が止まっていました。嬉しいことに4人は病気が退行していました。」
悪玉コレステロール値も、劇的に低下していました。
テストを開始した時点の患者の平均コレステロール値246mg/dlが、テスト中に132mg/dlとなり、目標値の150mg/dlをはるかに下回ったのです。
驚くべき結果でした。薬でも手術でも不可能な結果でした。

≪エセルスティン医師が語る心臓病を回避するためのカギ≫

心臓病を回避する生物的メカニズムは、動静脈の内層にあります。内皮細胞は血管を守っています。まだ10代で健康であればその大きさはテニスコート8面分にもなります。1988年内皮細胞が一酸化窒素を生成することがわかりました。一酸化窒素は血液の流れをスムーズに保ってくれます。収縮した血管も広げ、プラークの生成を抑制します。(このプラークが心筋梗塞などを引き起こします。)さらに重要なのは、一酸化窒素はプラークに伴う炎症を抑制する強力な因子です。しかし欧米型の食事は内皮細胞を破壊すると実証されました。40歳以上になると、内皮細胞は壊れ、テニスコートの2面ほどになり、血管を守れなくなります。しかし、菜食を始めれば内皮細胞は回復を始めるのです

医学史上最も劇的に心臓病を回復させたエセルスティン医師

やがて18人の心臓病患者の食事療法による治療結果が公表されました。そこでは、『菜食による食事と最小量のコレステロール投下薬を使用しただけで、医学史上最も劇的に心臓病を回復させた』ことが実証されました。エセルスティン医師は一躍『食事療法の英雄』として名をはせます。”アメリカのトップクラスの外科医”から”食事療法の提唱者”へと移行したのでした。
かつては外科医として頂点を極め、皆から尊敬のまなざしを注がれていた医師が、あえて薬や手術に頼らずに、食事療法を行うことによって、医療現場の常識をひっくりかえしたのです。

≪友人である医師も菜食療法により生還する≫

研究は順調に進み、1995年著名な科学誌に論文を掲載しました。
エセルスティン医師の成功はクリーブランドの同僚、クロウ医師にも影響をもたらしました。
ジョセフ・クロウ医師「私はアクティブで健康でした。働き盛りの忙しい40代中盤で、心臓に問題を抱えるような危険要素は全くありませんでした。」
しかしクロウ医師はコレステロール値も正常でしたが、心臓の病気にかかりました。1996年の心臓発作直後に撮影された造影図を見ると、冠状動脈が激しく損傷していました。その後、菜食の食事療法をした3年後に撮影された造影図には、損傷した冠状動脈が健康な状態に戻っていたのが写りました。

そしてエセルスティン医師の患者は12年間、なんと18名全員が生き延びました。
エブリン・オズウィック「先生は楽しい人なんだけど、食事を変えないと言ったら、『食事をとるか命をとるか、二つに一つです。選択の余地はありません』と言うの。笑顔はすてきだけど、厳しいのよ(笑)でもおかげでまだ生きています。素晴らしい先生です。」
彼女も食事療法をとりいれ、余命1年以内と宣告されたにも関わらず、20年間も生き続けることに成功した一人です。

エセルスティン医師は現在までに250人以上の心臓病患者を菜食治療に成功しています。
「心臓病はたとえ患ったとしても、菜食に変えることによって進行させなければいいのです。」

つづく

三途の川
最新情報をチェックしよう!
>最強の護符「ラジオニクスアート」

最強の護符「ラジオニクスアート」

一年間の無病息災、進学、就職、恋愛、金運アップまで・・・日本人だったら、誰しも一度は神社にお参りに行ったことがあるでしょう。しかし、最近ではそれから一歩踏み込んで、神社の持つ不思議な力を積極的に感じ、取り入れ、自らの活力へと変える「パワースポット巡り」をする人が女性を中心に大流行。ご利益のある神社は連日どこも大盛況です。現在は、世界情勢の不安定さや毎年のように襲う天災によって不安はますます増大し、人々の求めるものが物から心へと変わりつつあります。癒しと浄化を生み出す「神界」の力を生活の中で生かすために開発されたのが、ラジオニクスアートです。

CTR IMG