CATEGORY

神社

  • 2020年1月23日
  • 2020年1月23日

東京四谷総鎮守・須賀神社

東京都新宿区の神社めぐり ”君の名は。”の聖地 東京四谷総鎮守 須賀神社 (東京都新宿区須賀町5) ご祭神 須佐之男命(須賀大神 すさのおのみこと) 宇迦能御魂神(うかのみたまのみこと) 須賀神社がある四谷地区は、新宿区の南東にあります。閑静な住宅街です。 四谷地区は、その名の通り四つの谷があり、特に須賀神社がある須賀町の辺りは台地と崖地の高低差が大きい地形をしています。 アニメ映画の聖地 四ツ谷 […]

  • 2020年1月21日
  • 2020年1月21日

新宿総鎮守・熊野神社

東京都新宿区の神社めぐり 新宿総鎮守 熊野神社 (東京都新宿区西新宿二丁目11番2号) 交通の要衝として、日本一の乗降客数を誇る新宿駅。 新宿は江戸時代には宿場町が開かれ、盛り場として発展しました。 新宿とは、江戸時代に、甲州街道に追加で設けられた”新しい宿場”という意味で、当時はすでに交通の要として繁栄していました。 新宿駅西口は、今や東京都庁や高層ビル群が立ち並ぶエリアですが、かつてこの西新宿 […]

  • 2020年1月18日
  • 2020年1月20日

常陸国の神々⑱東国三社参り・鹿島散歩 / 大杉神社

側高神社から、茨城県に戻り大杉神社に向かいました。 車で30分ほどの距離です。 大杉神社 (茨城県稲敷市阿波958番地) ご祭神 倭大物主櫛甕玉大神(やまとのおおものぬしくしみかたまのおおかみ) 【大杉神社 二の鳥居】 この一帯は、常陸風土記に安婆嶋(あんばさま)として登場します。 また古くから大杉神社にある巨大な杉が「あんばさま」と呼ばれ、人々の信仰の対象でした。鹿島神宮、香取神宮よりも古くから […]

  • 2020年1月14日
  • 2020年1月18日

下総国の神々②東国三社参り・香取散歩 / 側高神社

香取神宮参拝後、近くにある側高神社(そばたかじんじゃ)に向かいました。 国土浄化の祖神(おやがみ)とあります。 側高神社(そばたかじんじゃ) (千葉県香取市大倉1) 香取神宮の第一摂社で、香取神宮と同じ神武天皇18年の創建。 古来よりご祭神は神秘とされており、口にすることは許されておらず、『言わず語らずの守(神)』とのみ伝えられています。 強烈な霊力にあふれた神社です。なぜ『言わず語らずの守(神) […]

  • 2020年1月11日
  • 2020年1月11日

下総国の神々①東国三社参り・香取神宮

八龍神社から香取神宮に向かいます。車で20分ほどの距離です。 香取神宮は東国三社の一社です。 香取神宮は千葉県香取市にあり、下總國(しもうさのくに)一之宮です。 下總國は千葉県北部と茨城県西部を領域とする旧国名で、北で常陸國(ひたちのくに)と接します。 香取神宮 (千葉県香取市香取1697-1) ご祭神 経津主大神(ふつぬしのおおかみ) <又の御名伊波比主命(いはひぬしのみこと)> 古くから国家鎮 […]

  • 2020年1月9日
  • 2020年1月17日

常陸国の神々⑰東国三社参り・息栖散歩 / 八龍神社

八龍神社 (茨城県神栖市賀1841) 息栖神社の近くにある八龍神社に参拝しました。息栖神社から車で5分ほどの距離です。 創祀は元禄元年(1688年)と言われます。 ご祭神 大海渡神(おおわたとのかみ) 「(八龍神社がある)賀は、古くから渡津(としん)集落として栄え、江戸時代も河岸(かし)があって高瀬舟(たかせぶね)で振った。」とあります。 渡津集落とは、川や湖・海などを渡船によって対岸へ渡るとき、 […]

>あなたは必ず開運するー林 尚慶の『最強の幸運体質になる方法

あなたは必ず開運するー林 尚慶の『最強の幸運体質になる方法

「まぐまぐ」様よりご提案を頂きまして、メルマガを始めることになりました。こちらのメルマガは、読むだけで開運するというお得な情報が盛り沢山です。ラジオニクスロケーションとして、今月のあなたの吉方位のご案内や、あなたを開運へと導く最強の護符をお届けします。このメルマガの情報に触れて行動することで、あなたは幸運体質になります。また、今後メルマガ読者限定の様々なワークショップを開催する予定です‼ 初月は無料でご覧いただけますので、ぜひお気軽にご登録ください。

CTR IMG