CATEGORY

神社

  • 2020年1月9日
  • 2020年1月17日

常陸国の神々⑰東国三社参り・息栖散歩 / 八龍神社

八龍神社 (茨城県神栖市賀1841) 息栖神社の近くにある八龍神社に参拝しました。息栖神社から車で5分ほどの距離です。 創祀は元禄元年(1688年)と言われます。 ご祭神 大海渡神(おおわたとのかみ) 「(八龍神社がある)賀は、古くから渡津(としん)集落として栄え、江戸時代も河岸(かし)があって高瀬舟(たかせぶね)で振った。」とあります。 渡津集落とは、川や湖・海などを渡船によって対岸へ渡るとき、 […]

  • 2020年1月8日
  • 2020年1月10日

常陸国の神々⑯東国三社参り・息栖神社

潮来市を後にして、東国三社参りの一つである息栖神社に向かいます。 息栖神社(いきすじんじゃ) (茨城県神栖市息栖2882) ご祭神 久那戸神(くなどのかみ) 天乃鳥船(あまのとりふね) 住吉三神(すみよしさんしん) 神社入り口にある鳥居は、二の鳥居です。 この二の鳥居で後ろを振り返ると、少し離れたところに一の鳥居が見えます。その鳥居の根元に息栖神社のご神体である忍潮井(おしおい)があります。 【一 […]

  • 2020年1月6日
  • 2020年1月10日

常陸国の神々⑮東国三社参り・鹿島散歩 /大生神社・大生古墳群

鹿嶋市から潮来市へ移動し、鹿島神宮の本宮と呼ばれる大生神社に向かいます。 鹿島神宮の本宮 大生神社(おおうじんじゃ) (茨城県潮来市大生814) ご祭神 健御雷之男神 (たけみかづちのおがみ) 周囲に古墳がある静かな地域に木々が生い茂る薄暗い一本道が現れます。大生神社に続く参道です。 大生神社は、鹿島神宮の本宮、あるいは元鹿島の宮と呼ばれており、武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)が鹿島神宮に遷る […]

  • 2020年1月4日
  • 2020年1月8日

常陸国の神⑭東国三社参り・鹿島散歩 / 坂戸神社・沼尾神社

香島の天の大神 その昔、香島の天の大神とは、天の大神の社と坂戸神社、沼尾神社の三処を指すものでした。 常陸国風土記の香島郡に、 「その地に鎮座まします天の大神の社・坂戸の社、および沼尾の社の三社合わせ称して香島の天の大神(かしまのあめのおおかみ)と申し上げる。(この神のおいでになることに)よって群(こおり)の名とした。」という記載があります。 ”香島の天の大神”として崇敬を集め、人々がこぞって参拝 […]

  • 2020年1月4日
  • 2020年1月8日

常陸国の神々⑬東国三社参り・鹿島散歩 / 一之鳥居

つづいては、鹿島神宮の一之鳥居をご紹介します。 鹿島神宮の宮域は非常に広く、一之鳥居は鹿島神宮から離れたところにあります。 すべてのはじまりの地 東の一之鳥居 (茨城県鹿嶋市神向寺588) 鹿島灘に面する明石海岸にあります。鹿島神宮から車で15分ほど。 鹿島神宮からは東方に3kmほどの鹿島灘、明石浜堤防の前にある木製の鳥居です。 2011年の東日本大震災を受けて堤防が増設され、鳥居を通り抜けること […]

  • 2020年1月2日
  • 2020年1月5日

常陸国の神々⑫東国三社参り・鹿島神宮

東国三社参り、まずは鹿島神宮に参拝します。 鹿島神宮 常陸国一之宮 (茨城県鹿嶋市宮中 2306-1) 鹿島と鹿嶋はなぜ違うの? 福太郎 『鹿島神宮の”島”と鹿嶋市の”嶋”、どちらが正しいの?』 『鹿島アントラーズ、鹿島臨海工業地帯、鹿島中学校はみんな鹿島だよ。それなのにどうして鹿嶋市なの?』 と疑問に思うじゃろ。 霊験あらたかな猫・福太郎が解説する。以後お見知りおきを。 平成5年にJリーグが誕生 […]

>あなたは必ず開運するー林 尚慶の『最強の幸運体質になる方法

あなたは必ず開運するー林 尚慶の『最強の幸運体質になる方法

「まぐまぐ」様よりご提案を頂きまして、メルマガを始めることになりました。こちらのメルマガは、読むだけで開運するというお得な情報が盛り沢山です。ラジオニクスロケーションとして、今月のあなたの吉方位のご案内や、あなたを開運へと導く最強の護符をお届けします。このメルマガの情報に触れて行動することで、あなたは幸運体質になります。また、今後メルマガ読者限定の様々なワークショップを開催する予定です‼ 初月は無料でご覧いただけますので、ぜひお気軽にご登録ください。

CTR IMG