あらゆるバランスを整える万能の神様~金剱宮

白山七社 金剱宮(きんけんぐう)

石川県白山市鶴来日詰町巳118-5

ご祭神

主祭神 天津彦火瓊瓊杵尊 (あまつひこほのににぎのみこと)

石川県内最古の文化発祥の地、白山市

先にご紹介した白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)の隣には、舟岡山があります。

舟を反転させたような姿からその名がついたと云われています。

昭和24年、この舟岡山山麓から縄文時代中期の集落遺跡が発掘されました。

今から4500年~4300年前、縄文時代中期の集落遺跡です。

この舟岡山遺跡からもわかるように、この白山市一帯では縄文の時代から人々が生活していたのでした。

白山比咩神社は、かつてはこの舟岡山にお祀りされていたと云われています。

 

また、石川県白山市横江町にある東大寺領横江荘遺跡荘家跡建物跡からは、平安時代の建物跡や土器などが見つかりました。

 

ここは荘園があり、手取川扇状地でつくった米を外に運び出すための拠点だったと云われており、様々な遺跡からも白山市の辺りは大変古くより文化が発祥していたことが伺えます。

信仰の文化もしかりです。

 

白山比咩神社を白山本宮とする、白山七社(はくさんしちしゃ)と呼ばれる古いお宮があります。

その中の一社、金剱宮(きんけんぐう)をご紹介します。

紀元前95年に創建されたと伝わる古社、金剱宮は白山比咩神社の近くです。

北陸最古の神社と云われています。

 

 

金剱宮の境内には、瓊々杵命(ニニギノミコト)をお祀りする御本殿のほかに、乙剱社・恵比須社・金刀比羅社・丈六社・粟島神社・招魂社の摂末社があります。

 

 

各々のお宮を配置して、曼荼羅の世界を現わしています。

すべてのお宮を参拝することで、曼荼羅のエネルギーと自分が一体となり、開運する仕組みです。

 

 

神社の奥には「悠久の杜」が存在し、清々しい風が流れています。

曼荼羅の中に入ったようで、そこは宇宙空間です。

 

 

ガラス戸を開けて中に入ると、宇宙の気が充満していて、力強い霊力を感じることができます。

 

 

金剱宮は、普段絵でしか見ることができない曼荼羅を立体的な空間の中で体感できる開運神社です。

曼荼羅のエネルギーをぜひご体感ください。

最新情報をチェックしよう!
>無料メルマガー林 尚慶の『開運の羅針盤』

無料メルマガー林 尚慶の『開運の羅針盤』

「こんにちは。林尚慶です。 能力者として除霊や開運、企業様の事業相談を承っています。 仕事を始めて35年、霊障や不運に苦しむ方を開運へと導いてきました。 そこで蓄積したノウハウを使用し、読むだけで開運につながる情報を発信します。 何気ない選択で、未来は大きく変わります。 より良い情報を得ることで、正確な選択ができるようになります。 メルマガ「開運の羅針盤」がそのお手伝いができたら幸いです。 神仏が発している本当の情報をあなたにお届けします。 さらに今後はメルマガ読者限定の交流会を開催したり、メルマガ読者の皆様にいち早くお得な情報をお届けする予定です

CTR IMG