足るを知る唯一の食事法ー断食のススメ③

断食と大腸菌、酵母菌の寿命の関係

米国国立生物工学情報センター(NCBI)の『Fasting: Molecular Mechanisms and Clinical Applications / Valter D. Longo and Mark P. Mattson』によると、

大腸菌は、栄養を与えない環境においたところ、寿命が4倍ほど長くなります。

酵母菌においては、寿命が2倍ほど長くなり、さまざまなストレス耐性も大幅に増加します。

また線虫やショウジョウバエも、断食によって寿命が大幅に伸びます。

断食中の細胞内の変化

寿命が長くなるメカニズムは、細胞内にあります。

細胞を傷つける活性酸素を取り除く酵素「スーパーオキシドジスムターゼ(※1)」や、細胞を保護するたんぱく質「ヒートショックプロテイン(※2)」などが、断食により増加します。

細胞が老化しないように、これらが強力に働き、寿命が延びるというメカニズムです。

 

※1スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)

細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素。

酸素消費量に対するSODの活性の強さと、寿命に相関関係があるとされている。

動物の中でも霊長類、とくにヒトはSODの活性の高さが際立ち、ヒトが長寿である原因のひとつとされている。

がん細胞では活性酸素が高頻度に産生されており、SODを阻害する場合があるため、抗がん剤の標的として研究が行われている。

 

※2ヒートショックプロテイン(HSP)

しなびたレタスを2分間50℃のお湯に浸すと、シャキッとしたレタスに戻る。これは熱ストレスによって、野菜の細胞が活性化したためであり、HSPによるものである。

熱ストレスによりHSPが増加し、酸化を防御する。

HSPはほとんどの生物が備えているたんぱく質である。

熱ストレス、病原菌、紫外線などのストレスによりたんぱく質は傷つくが、たんぱく質を修復して、自己回復力を向上させるたんぱく質が人間の体に備わっている。それがHSPである。

傷ついた細胞を修復し、体を元気にするのがHSPの役割である。

 

断食が人間の細胞に変化をもたらす

人間の寿命が同じように伸びるのかを計測するのは困難です。

なぜなら人間の寿命を調べるには、長い年月がかかってしまうからです。

しかし、分子レベルでは、断食によって人間の細胞にどんな変化が起こっているのかが、分かり始めています。

 

最新情報をチェックしよう!
>無料メルマガー林 尚慶の『開運の羅針盤』

無料メルマガー林 尚慶の『開運の羅針盤』

「こんにちは。林尚慶です。 能力者として除霊や開運、企業様の事業相談を承っています。 仕事を始めて35年、霊障や不運に苦しむ方を開運へと導いてきました。 そこで蓄積したノウハウを使用し、読むだけで開運につながる情報を発信します。 何気ない選択で、未来は大きく変わります。 より良い情報を得ることで、正確な選択ができるようになります。 メルマガ「開運の羅針盤」がそのお手伝いができたら幸いです。 神仏が発している本当の情報をあなたにお届けします。 さらに今後はメルマガ読者限定の交流会を開催したり、メルマガ読者の皆様にいち早くお得な情報をお届けする予定です

CTR IMG